引き続き続き、モスリム(イスラム教徒)の友人たちのお話。

同じモスリムでも、アメリカでどこまで
戒律を守るかは人それぞれで全然違う。

このシリーズ、最初から読みたい人は→ここ

■100%モスリムではいられない■1コマ目
しかし、あまりに厳格すぎて
彼の場合は反発して育ってきたらしい。

■100%モスリムではいられない■2コマ目
そうじゃないと、サーバーの仕事が拷問になって
しまうからだそう。みんな目の前で食べてるし、
匂いとかも漂ってくるもんね。

■100%モスリムではいられない■3コマ目

■100%モスリムではいられない■4コマ目
まあ、80%以上冗談だったと思うけど、
彼とお茶を飲んでたりなんかすると、
好みの男性が通りかかるたびにこれをやってた。

彼と出会ってしばらくした頃は
しょっちゅうこれをやっていたので、
「今までこんなこと出来なかったので
満喫しているんだろうなあ」と思ってたけど、
ちょっと前にようやく落ち着きました(笑)。

    ☆    ☆    ☆    ☆


ちなみに、モスリムの国では、
ラマダンの期間中はみんなが一斉に飲食しなくなり、
お店も仕事も休みになったりするので
それほど生活するのに支障はないそう。
(日本のお盆期間みたいな感じ?)
ま、みんなが同じ状況なのでそうなるんでしょうね。

だけど、アメリカに移ってきてからは、ここでは
少数派なので、ラマダン期間中も他のみんなが
普通に仕事をしているから自分も休めないと、
他のモスリムの友人が言ってた。




更新の励みになります。
ポチッと押してください。⬇︎


絵日記ランキング      
   

こちらもお願いします。⬇︎
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村