今回の記事は、前々回の話に出た
お手洗いの謎の道具とお手洗いの写真なので、
「そんなの見たくないよ」という人は飛ばしてください。
好奇心が強い人は、Go ahead. 

※この記事は、前回の記事のトイレの部分です。

前回のレストランの記事、写真の解像度が悪かったので
もっと良いのと入れ替えた上でお料理のアップ写真を
付け加えて、トイレの記事と分けました。

なのでお料理のアップ写真が見たい人は
前回の記事に加筆しているのでそちらを見てね。
(なお、トイレの記事に加筆はありません)



前々回の話に出たナゾの道具というのがこれ。↓

イスラム・レストラントイレ2

これが、こんな風にお手洗いに置いてある。
イスラム・レストラントイレ1
あ、隣の個室にも置いてあるわ。↑

これで、水を使って洗うんだそうです。
いわば手動のウォシュレット。そのための水差し。

するってえと、日本式のウォシュレットが普及したら
この水差しは要らなくなるんだろうか、とか
素朴な疑問が。

ちなみに、トイレの壁の下の部分があいているのは
イスラム風ではなくてアメリカ風。(他の州の
空港でもこうだったのでミネソタだけじゃないよう)

これ、何のためにあいているんだろう?防犯?
アメリカに来る前は、アメリカ人の方が日本人より
プライバシーにうるさそうだと思ってたんだけど、
トイレって究極のプライベート空間じゃないのかなあ。

ちなみに、ドアも同様に下の部分があいていて。
下手するとドアの外側に「使用中」←→「」という
サインも出ないので、使用中かどうかは足元を
除いて確かめるという、日本人からすると
とんでもないシステム。

 

更新の励みになります。
ポチッと押してください。⬇︎


絵日記ランキング      
   

こちらもお願いします。⬇︎
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村