7月5日(日)は、たくさんの人々が
ブルーミントンにあるモール・オブ・アメリカ
(アメリカ最大級のショッピングモール)から
前回から書いているこの場所に抗議の行進しました。
最高気温30℃越えの中の10キロの道のりだったそう。

その行進の様子は→ここ

やはり黒を着ていた人が7〜8割だったみたい。
(独立記念日に黒を着る動きについては→ここ

なお、ミネソタの暴動について
最初から読みたい人は (1)は→
ココ


IMG_7289アップ

Rest in Powerというのは今回の一連の事件で初めて見ました。
普通は ”Rest in Peace(安らかに眠ってください)"って
いうから。

調べてみたら、このフレーズは特に黒人やLGBTQの人の
死が不当であると見なされる場合に使われるそう。
つまり、社会正義のための闘争を継続するための、
連帯の証としての呼びかけだそう。
Rest in Power の意味については詳しくは→ここ(英語)

ジョージ・フロイド事件が起きた交差点にある店を
別な角度から。
(右側面に、前回取り上げた有名な絵があります)

IMG_7286

近づいて行くと、店の入り口近くに
いろいろな絵が。
IMG_7288


IMG_7289
花が萎れていたり、倒れているのがアメリカらしいといえば
アメリカらしい。みんな思い思いに備えて行くので、
倒れたり枯れたりしてもそのまま。

実は事件の現場となったこの場所、
少し視線を引くと━━━こんな風になってます。

IMG_7293
交差点の真ん中に土を運び入れて花を植え、
中心にモニュメントを建てちゃって
環状交差点(ラウンドアバウト)にしちゃってました。
(封鎖されてるので車は入れないけど)


IMG_7295
このモニュメントで気になったのは、星条旗が逆さまに
なっていること。調べたら、抗議の意味があるそう。

で、この場所の名前なんですが。
もともとはただの交差点なんだけど、
こんなのが立てられてた。↓
IMG_7297
ごめんなさい、ちょっと指が写っちゃってた。逆光で見えなかったの。

たぶん勝手に立てちゃったんじゃないかな?と
思われる作りでした。それによると
「ジョージ・フロイド・スクエア(広場)」。

でも、正式名称ではないので、ニュースなどでは
「ジョージ・フロイド・メモリアル」と呼ばれていたり。

IMG_7298
通りの名前も、勝手に上からシールを貼って
「ジョージ・フロイド・アベニュー」になってました。
(本当はシカゴ・アベニュー)




更新の励みになります。
ポチッと押してください。⬇︎



絵日記ランキング