辛い食べものシリーズ、とりあえず最終話です。

 ミネソタの辛い味付けに悩まされて数年、私は決断を下しました(大ゲサ)。
これまで出来るだけ避けてきた辛いものを、「食べる」決意をしたのです。

 いくつか理由があったけど、大きな理由になったのがこのラーメン
つまり、━━━

辛い物を食べた方がマシ■全体■

 このときはね〜、例によって辛いものを避けようと、キムチラーメンを頼む中韓の女子二人を横目に鶏肉入りの塩ラーメンを頼むことにしたんです。一番マイルドそうだったから。(ちなみに行ったのはジャパニーズ・レストラン)

 そしたら、メニューに ”spicy oil" 入りって書いてあったので、「辛いものは食べられないので、この "spicy oil" っていうの、抜けるようなら抜いてもらえる?」とサーバーさんに聞いたの。

 そしたら、味の全くない、お湯に浸かったラーメンの麺と具が出てきた(大泣)。

 いやいやいや、味が全くなくなっちゃうんだったらそう言ってよ。そうなるって教えてくれればそのままの味付けで食べたわ。さすがにお湯に浸かっただけの味のない麺と鶏肉は食べれないって。(そもそもミネソタの鶏肉は完全に火を通そうとするためかパサパサしてるし、下味がない感じ)

 普段は、祖母の教えで食べものに「もったいない」ことは出来なくて何でも完食しようとする私だけど、さすがにこれは無理だった。 


     ☆     ☆     ☆     ☆ 

 以前、こちらの食べものには「うまみ」がないと書いたけど、その意味でもキムチ(辛くても!)を積極的に食べることにしたのは良かった。キムチも発酵食品なので、たぶんそれを日本人の舌はうまみ(?)と感じるのかな?

 そんなこんなで、「下手に辛味を避けるより、あえて二人と一緒にキムチ入りのものを食べよう」とやってたら、前回描いたように、インド料理屋さんでリベンジ出来るようになっていたという。

 実は、これ、けっこう最近のことなので、これからインド料理も「一番マイルドなカレーってどれ?」というメニューの見方をしてよくなりそう。

 ミネソタでもコロナが明けたら挑戦してみたいと思ってます。
(ミネソタでは5月28日現在、まだレストランはテイクアウト以外の営業をしていません)



更新の励みになります。
ポチッと押してください。⬇︎



絵日記ランキング