ミネソタの多国籍な仲間たち アメリカ★サラダボウル絵日記

アメリカの中でも移民の受け入れに積極的なミネソタ。
そのミネソタでの日常などを描きます。

カテゴリ: 絵日記

ただ外を歩いているだけで、なんと人体の、
こんな部分も凍る━━━というミネソタの冬のお話。

ミネソタの冬がどんどん深まって
気温がマイナスをどんどん下まわってくると、
外を歩いていると、こんな現象が体に起きる。

ねちゃねちゃチクチク■全体■

最初は、「?何が起きてるの?」って思うんだよね。

特にチクチクの方は、
「鼻毛が鼻腔内で抜けて変な所に刺さってるの?」
とか、「もしかして巨大な鼻⬜︎ソが?」とか(笑)。

まつげの方は、本当に「ねちょ」、と言う感じで。
粘度のある液体(乾きかけたボンドとか)が
上まつげと下まつげを一瞬だけくっ付けて、
すぐに筋肉の力に負けて離れるみたいな。

一瞬だけ凍りつくんだろうな、と推測。
涙なのか、呼気の蒸気のせいなのかはナゾ。

ちなみに、呼気の蒸気のせいで前髪も
白く凍りつくことも。

   ☆     ☆     ☆     ☆ 


実は、ミネソタに来る何年も前に北海道旭川の
アイスパビリオン」という施設に観光に
行ったことがあって。そこでは
マイナス20℃の気温
体験できる施設があった。

でも、そこでは「ねちょねちょチクチク」が
起きた覚えはないから、この現象が起きるのは
それ以下の気温ってことかな?

実は最高気温が30℃前後の現在の夏のミネソタで
とても不便に思っていることがある。それは、
買い物後に寄り道が出来なくなったこと。

なぜって、アイスクリームや生肉を買って
車のトランクに入れたままに出来ないから。

━━━そう、ミネソタの冬場なら、
車のトランクは天然の冷凍庫、全然オッケー。
どちらかというと凍ってはいけないものが
凍りつく心配をしていたのだった。

 

更新の励みになります。
ポチッと押してください。⬇︎


絵日記ランキング      
   

こちらもお願いします。⬇︎
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村



コロナ後のミネソタのTVCMで急に
増えた気がするものとして
" cremation "の広告があります。

コロナ後のTVCM

" cremation "とはつまり、火葬のこと。
日本と違って、アメリカでは火葬はあまり
メジャーではないと聞いていたので
やはりコロナだから...ということでないかと思います。

亡くなった理由がコロナだと、なかなか
お葬式も難しいと思うのですが、
火葬だとそれなりに葬儀が出来るということ
なのかな...と、急に増えて毎朝見る様に
なった広告を見て思っています。 

アメリカだと高齢者施設もクラスターになって
しまっているので、近所のご老人用居住施設も、
「どうかご無事で乗り切って...」と祈っています。

 

更新の励みになります。
ポチッと押してください。⬇︎


絵日記ランキング      
   

こちらもお願いします。⬇︎
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村



今回は、アメリカ英語のサーバー(server)さんについて、
前回の続きです。

ミネソタの街中の大人向け英語学校(ESL)のクラスメイトには、
その後けっこう飲食店勤務になる人が多かったです。

元々いた国での資格はたいてい通用しないので、
飲食系や販売系が就職しやすいみたい。
(英会話の問題さえクリア出来れば。)

pro-server

彼、サーミル(仮名)の場合は、英語学校に来る前から
サーバーさんとして働いていて、英語もペラペラ。

会話でお客さんに楽しんでいただいて、ついでに
お客さんに料理やワインのオススメまでして、
そのぶんチップを稼ぐらしい。

なんでそんな彼が英語学校に来ていたかというと、
彼の場合は書くのが大の苦手。文法も必要だけど、
何より綴りがダメだという。このままだとまずい
ということで英語学校に来たらしい。

最初にそう聞いたとき、
ううむ、あんなに不自由なく話しているのに、
人それぞれだなあ…と思いました。


    ☆    ☆    ☆    ☆

ちなみにESLで習ったのだけれど、
「ウェイター」という言葉はあまりいい意味ではなく
ミネソタでは使わないそうです。



更新の励みになります。
ポチッと押してください。⬇︎



絵日記ランキング      
   

こちらもお願いします。⬇︎
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村



今回は前回の続きの1コマ絵日記です。

営業成立(パティオ2020)
あ、リードを描き忘れちゃった。

ミネソタはけっこうドッグ・フレンドリーな
州だと思います。

コロナの前は、犬連れokなレストランに行くと、
近くの席のお客さんも、外席の脇を通りかかる人も
さらには犬好きのサーバーさんたちまで
周囲にゴキゲンで愛想を振りまくるノアを
撫でてくれてました。

ただ、サーバーさんがいちいち手を
洗っているようには見えなかったので
以前からそこは心配だったのですが…。

コロナのステイ・ホームの後に
店内飲食営業を再開した馴染みのお店では、
サーバーさんはマスクだけじゃなく
ラテックス(?)の手袋までしているので、
さすがにもうノアを撫でてくれなくなりました。

「仕方ないね」と思っていたら、
案内係のホステスさんがやって来て
撫でていました。犬好きの彼女は
尻尾フリフリで笑顔を振りまきまくるノアを見て
どうやら我慢出来なかったよう。

まあ、ホステスさんならメニューに触るだけで
料理は運ばないし、受付カウンターに
手の消毒液も常備してたし大丈夫そう。

    ☆    ☆    ☆    ☆

アメリカのレストランの
サーバーさんとホステスさんについては
ちょっと言葉が日本語と異なるけど
訳しにくいのでそのままカタカナにして
使いました。

これについては次回に説明します。



更新の励みになります。
ポチッと押してください。⬇︎



絵日記ランキング      
   

こちらもお願いします。⬇︎
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村



アメリカはコロナの感染者拡大が止まりません。

と言っても、ミネソタでも
ステイ・ホームでずっと家に
引きこもっている状態は
5月末で解除されました。

レストランもソーシャル・ディスタンシングを
保つために外席の距離を離したり、
室内でも収容人数限定したりして
営業がされています。サーバーさんたちも
もちろんマスク着用。

少し前に取り上げた近所のお店も、無事に再開して
店内営業を始め、しばらく経ってお客さんの入りも
落ち着いたように見えたので行ってみることにしました。

パティオ席に再び001
↑ それでもサーバーさんに一縷の望みをかけて
尻尾フリフリで歓迎する。

それにしても気になったのが、これ。↓

パティオ席に再び 一部アップ

足元にメガネのレンズが片っぽ落っこっていた。

前日は金曜の夜。
コロナ禍の真っ最中に、メガネのレンズを
片方落っことしても気づかないレベルに
酔っ払っていたんじゃないといいけど(苦笑)。


    ☆    ☆    ☆    ☆

レストランで飲食する場合は
前もって予約が必要で、しかも店内に入る時は
お客もマスクをして入るので、手を洗いに
行ったりする時に面倒くさいといえば
面倒くさいけど、それくらいなら。

ただ、「ちょっと手だけ洗ってくる」
という時にマスクをしていくのを
うっかり忘れちゃって慌ててバッグから取り出したり。

ちなみに、冬の長いミネソタでは
外席を楽しめる期間はそれほど長くはなく、
本来は飲食店は外席(パティオ)を設けられる
この時期に売り上げを稼ぎ出すはずだそう。

お店の営業を続けてもらうためにも
第2波で怪しくなるまでは
ノアも楽しみにしているし通いたいなあ。



更新の励みになります。
ポチッと押してください。⬇︎


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村



こちらもお願いします。⬇︎


絵日記ランキング      
   
 

↑このページのトップヘ